生理中の不快な、頭痛とかいらいらや肌荒れなど経験する女性は多いと思うんですよね
生理がくるとニキビの繰り返しになってる人もね

実はね、女性ホルモンの周期と毛穴は関係が深いんだそうです
生理が始まる前の14日くらいは、皮脂の分泌を過剰にする黄体ホルモンが優位になります。
だから、肌がオイリー傾向になって、毛穴がつまりやすくなるのです。

生理が始まると、皮脂の分泌量はピークに!!
にきびが急に悪化したりする場合もあります
免疫力が低下して感染しやすくなっていることも関係あるみたいですしね

生理が2日目になると、エストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になります。
そして、皮脂も落ち着き毛穴も締まってくるんですね。

そのエストロゲンって、肌のターンオーバーのリズムを整えてくれます
美しく保つ効果の高いホルモンといえますよね。

生理開始から数えて7日目~14日目の間は、エストロゲンが上昇する時期になります。
ですから、肌の調子がもっともよい時期ということになりますよね

その後、排卵から次の生理までの間は、黄体ホルモンが優位になります。
オイリー的な肌になったりして、きびができ始めたりするのですね

こんな感じで、女性ホルモンのリズムは、肌、毛穴の変化にもリンクしているということです

このサイクルがわかれば、無駄な悩みをしないですみますよね
毛穴ケアやにきび対策にも役立ちますからね

 

 

© 2015 ニキビ ケア rss